本来別個の政党として独立して、個々の政策の是非を選挙で国民に問うのが筋なのだが、それをやると外国勢力に選挙を乗っ取られてしまうので、

防衛上仕方なく密室政治にしているのが日本の政治。
自民総裁選が実質上の日本大統領を決める選挙と言って良いのだが、そこには自民党員しか参加できないので、日本は民主主義ではなく、立憲貴族共和政のような政体になっている。
民主的に国家元首を決められないので浮気調査 群馬国民は政治に無関心で、政治が二流以下だが、民主主義ではないが故に逆に政策は人気取りでブレないから、自民が安定過半数を占めている時期は経済が強い。
民主主義は単なる多数決なので、投票する対象がきちんと政権担当能力がある二大政党制だったら良いが、人気取りしか出来ない飛沫政党が多いと、モロに衆愚政治になってしまう。
日本では、旧帝国海外領土出身者、つまり在日に通名使用の権利があり、これによりあらゆる公文書を通名で作成することが出来るので、住民票や免許 証や会社登記簿であっても在日だったらいくらでも通名で偽造出来るので、住民票をベースとする選挙制度では不正やり放題になる。

Sorry, comments are closed.