せっかくの貴重な御教えに対し、よく要領を得ない返事になってしまいすみません
難しくさせてしまって申し訳ありません。

私の責任です冷や汗
空については、もちろん観念的な話ではないでしょうね。もちろん聖道門では、調伏を実践するのです。それが行です。
行とは、造作・進趣と解釈します。造作とは、行いです。
進趣とは、行いはそれぞれの結果に向かって進みゆくということです。動く動作のことです。動作というものは、必ず結果を引き起こすものです。
調伏という行いが、悟りという結果に向かって進みゆく。これが行です。

ところが、御開山は聖道門の行を諸行・雑行・万行とおっしゃいました。諸行・雑行・万行とは、あらゆる行いですから、人間のする全ての行いを含みます。
それに対して、念仏は諸行には入らないのです。人間の行いではないということです。ですから、御開山はわざわざ大行や真実之行とおっしゃっています。

大行・真実之行とは、人間の行いではなく、如来さまの行いであるということです。つまり、私が念仏を行ずるのではなく、念仏が私を行じて下さっているのです。
阿弥陀仏の法が行、それをあらわすのが名号なのです。

名号が私の行になって下さるということです。名号というものが、私の為に造作の法となって下され、私を仏果に進趣せしむるのです。ここにおいて、名号が調伏という意味を持つのです。

No comment

You must be logged in to post a comment.