少し前から、カニ愛好家の間で他でもない「花咲ガニ」が関心をもたれています。

この花咲ガニの8割くらいが捕獲される北海道の根室まで出かけていって絶品の花咲ガニを食べようと言うツアーもちらほら見かけます。
昆布を主に食べ成長した花咲ガニはおいしいだしが出るので、鍋にも抜群です。捕獲量は本当に少ないので、残念ながら北海道以外の地域の市場ではおおよそ見かけません。

通販を使って毛ガニを配達してもらい、獲れたて・浜茹でを各ご家庭で思い切り楽しむのはいかがでしょう。タイミングによっては旬の活き毛ガニが直送便でご自宅に届くようなこともあります。

赤い殻が特徴の本ズワイガニの方が、桁外れに甘みがあり細かくて、ロシア東岸の地方でとれる大ズワイガニの方は淡白でうまい身が大きくなっているので、全力で口に入れるには高評価となっている。

細かくしておいたタラバガニ身は、味はどちらかというと濃いいとは思わないのですが、かに玉の材料に利用しても料理の味を引き立たせます。ハサミ自体は、揚げた後に味わった場合、小さめの児童だとしても我先にと手を伸ばすでしょう。

No comment

You must be logged in to post a comment.