一般的に法律系の国家資格であり、専門知識が要求される仕事を行う司法書士と行政書士でございますが、現実の難易度に関しては司法書士の方が一層手ごわく、それに伴い携わる仕事の中身にもいくらか異なりがあります。

今まで法律関係の知識がないのに短期の間で行政書士試験に合格するという方たちもいます。彼らの多くに当てはまっているところは自身にピッタリの「能率的な勉強法」をセレクトすることが出来たことであります。

各年大よそ2万・3万人が試験に挑み、たった600〜900名ぐらいだけしか合格が難しいです。その点に注目しても、司法書士試験がどのくらい難易度が高いのかが想像することが出来るでしょう。
近年、司法書士試験の事実上の合格率の数字はざっと2〜3%ほど。必須とされる学習期間との相互バランスで考えますと、司法書士の試験がどれほど高い難度であるか推測していただけると思います。

基本通信教育では、税理士試験に集中した対策をパーフェクトに記載した受験向けの特別教材がございますから、1人での独学よりも学習のスタイルが身につけやすく、より学びやすいかと思われます。

No comment

You must be logged in to post a comment.