ガリレオさんが望遠鏡を作り出した時のお話。

発明した当人が

「これはえらいこっちゃ。みんなタマゲルぞ!!!

 よし!親交ある研究者たちに見せねば」

と得意気に見せたそうな(実際はもっと尊大かも知れませんが)

研究者たちは、ガリレオさんが作った約33倍ズームの望遠鏡で
初め遠くにある闇金相談 奈良山などを観て、たまげた!!
そして、今度は月を観た時、我が目を疑った!

…いや、望遠鏡を疑った。

といいますか、望遠鏡(ガリレオ)のせいにした!!

綺麗に見える月がデコボコしていた!
彼等には100%有り得ない事なのだ。

結局、馬鹿にされたガリレオは
酷くショックを受けて意気消沈したという。

素晴らしい発見にも関わらず、、
時代が伴っていなかった…
証明が出来なかったそうです。

こんな風に区分けをしました。

月が凸凹懐疑者たちは、自分たちが生まれ育った常識を
信じた上で判断を下した!

月が凸凹を認めるガリレオは、自分が生まれ育った常識よりも
目の前の月の姿をそのまま信じた!

Sorry, comments are closed.