パソコンモニターの細かなちらつきを抑える効果のあるレンズの付いた眼鏡が現在人気を集める理由は、疲れ目の改善に多くの方々が努めているからです。
30歳代で更年期が来たとすれば、医学的な用語で表すと「早発閉経(そうはつへいけい)」という女性疾患に当てはまります(日本においては40歳未満の女の人が閉経するケースをPOF(Premature Ovarian Failure)と言っています)。
一見すると「ストレス」は、「無くさなければいけない」「除外すべきもの」ものと考えがちですが、現に、私たち人間は色々なストレスを受けているからこそ、生活することが可能になります。
心筋梗塞は心臓の周囲を走る冠動脈の動脈硬化により血管内の空間が狭くなってしまい、血流が途絶えて、必要な酸素や栄養が心筋まで届かず、筋繊維自体が機能しなくなる大変深刻な病気です。
期外収縮(きがいしゅうしゅく)は、健康な場合でも出ることがあるため深刻な心臓疾患ではないのですが、短期間で発作が次々と起きる場合は危険な状態です。
高血圧の状態がある程度続くと、全身の血管に強い負担がのしかかり、頭の先から足の先まであちらこちらの血管にトラブルが起きて、合併症を誘発するパーセンテージが高くなると言われています。
チェルノブイリ原子力発電所の事故に関する長期間に及ぶ追跡調査の結果によると、大人よりも子供のほうが放出された放射能の深刻な影響をより受容しやすいことは明らかです。
通常ならば骨折は起こさない位のごく小さな圧力でも、骨の同一の個所だけに幾度も休みなくかかってしまうことによって、骨折してしまうことがあるので気を付けなければいけません。
脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)というものは皮脂の分泌異常により出る湿疹で、分泌が異常をきたす要因としてアンドロゲンと卵胞ホルモン・黄体ホルモンの均衡の崩れ、リボフラビンなどビタミンB群の慢性的な枯渇などが大きいと考えられています。
黴菌やウィルスなど病気をもたらす微生物(病原体)が口から肺へ忍び入って発病してしまい、左右どちらかの肺が炎症を起こした病状を「肺炎」と称しています。
規則正しい穏やかな日常生活の維持、食べ過ぎないこと、正しい運動や体操等、古典的とも言える自分の健康への注意が老化防止にも活用されるのです。
ヒトの耳の内部構造は、外側から順番に「外耳(がいじ)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3か所に大別することができますが、中耳のところに様々な細菌やウィルスがうつり、炎症になったり、液体が溜まる病気を中耳炎と称しているのです。
ジェネリック医薬品(generic drug)とは新薬の特許が無くなった後に売られ、新薬とまったく同じ成分で金銭的な負担を抑制できる(薬の価格の安価な)後発医薬品のことをいいます。
生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病という病気は、膵臓(すいぞう)に在る血糖値を下げるインスリンを分泌するβ細胞が壊されてしまったため、患者の膵臓からインスリンが微々たる量しか分泌されなくなってしまって発症してしまう自己免疫性のタイプの糖尿病です。
インフルエンザ(流感)に合った予防対策や医師による治療など、このような必然的な措置というものは、季節性のインフルエンザでも未知なる新型インフルエンザであってもほとんど変わらないのです。

Sorry, comments are closed.