マンションの外観を見ると築年数も新しくある程度の高級感もあるので、ワンルームの可能性もあるが高校生にしてはなかなか贅沢な部屋の感じで、家賃も古いアパートのような安さではないだろう。

家賃に加えて生活費・雑費・学費もかかることから、父親はそれなりに経済的に余裕があったように推測されるが、こういった生活形態を女子生徒自ら が望むという事は考えにくく、仮に家にいたくない、父親の顔を見たくないなどの理由で表面的には望んだとしても、浮気調査 長崎『家にいられない理由(家に自分の居場所 がないという疎外感・いづらさ)』があったことは容易に推測される。
追加報道があれば動機部分は本人から語られるかもしれないが、加害者は『学校でも友人がほとんどいない・どちらかというと暗くていつも一人でい た・被害者の女子生徒とは中学生時代から親しかったようだ』という同じ学校の同級生からの証言もあるが、基本的には母親が末期がんで闘病している期間を挟 んで『学校・家庭の両面での自分の居場所』が失われていたという印象を受ける。

Sorry, comments are closed.