これね、記事元の読売新聞がおかしい。

「日韓関係の悪化が、これ以上、深刻化するのを防ぐためと見られる」この推測が徹底的に間違っている、もしくは間違っていなければならないと思う。「見られる」っていう表現から、日本政府がそれを意図していることを、読売新聞が「推測」しているのだと分かる。この勝手な推測は、国民に「日韓関係の悪化って良くないことなんだ」と刷り込む効果を持ってしまうと思う。これが徹底的に良くない。

そもそも今回の件は、竹島問題については日本が不法占拠されながらも穏便な解決を図っていた件を韓国側が示威的な行動で刺激してきたことに始まる。要ははじめたのは韓国。さらに日本人の心とも言える天皇陛下に、日韓基本条約で韓国自らが「これで手打ち。今後は過去のことは忘れて未来志向で行こう」と言ったことを破って謝罪を要求したのが拍車をかけた。さらに「大統領の発言は私人の発言」と抜かし、しかも首相が「でも言っている内容は韓国政府の基本的見解」と追認した。要はエスカレートさせたのも韓国。さらに親書の返送という暴挙まで付け加えた。

Sorry, comments are closed.