例えば会社が経営方針を変えたので、社員だったあなたは不要。
速やかに消えてください。あなたとの雇用契約はそういう風に解釈しなおす事もできると発見しましたから。

例えば食品を売る業者が、産地も消費期限もあすから表示したくありません。
産地や消費期限の表示義務というのは、私たちの新解釈では絶対ではありませんから。
例えば月一定額で返済しているローンを、ヤミ金通報べつに理由はないけれど、たった今一括で返済しなさい。私たちはそういう風に、この契約の解釈を変えましたから。 …いいんですね???
世の中の取り決めというのは、めちゃくちゃになってしまいますけど。 仮にそれが至極当然に思える改善であったとしても、 契約事項を変えるには双方の合意が大前提だ。
説明責任と政府は言うが、説明責任というのは事後承諾だ。 国民はNOと言う権利が常にあるのだし、政府はそれを保証し続ける事を、確約しなければいけない。
戦争を甘く見すぎだ !!!

Sorry, comments are closed.