無駄に金もらえりゃ働かないのは生活保護の時点で証明されてるだろ。

(金がないから働かにゃならんのは国民年金のみで生活してて老齢時代でもパートやってる人でも証明されている)
しかももっと効率のいい、復旧に携わる業界や行政への臨時雇用とかは元が「無駄な公共事業」って非難しとしてどのツラ下げて言ってんだって話。

ようは、人間性善説に基づいた政策なんか役に立たないことが連綿と証明されて、しかもそれを唱えた政治家(特に国民の力を経済復興の力として信じた麻生政権とか)を、歪んだ報道だけで拒否した国民だぜ?
どう考えたって机上の空論じゃん。

まず、被災者失業者とただの失業者は分けて考えなければいけません。
今回の、答弁で指摘されたことは、自己申告の無給労務の場合は失業保険の対象になるが、職務命令の場合、それが無給であっても失業保険の対象にならないという事が問題として指摘されました。

詳しくは私の日記にノーカットの国会答弁、約30分がありますので見ていただければ全容は分かります。
また、震災復興における公共事業は、これこそ景気対策の鍵だと考えます。
デフレ経済のいま、需要を増やすというのは重要です。

No comment

You must be logged in to post a comment.