日本人は近代の超克という言葉をよく使いますが,実はこの国はいまだに近代をなし得ていない.タリバーン政権下アフガンの様なものだと思っている訳です.

そして僕の憲法に就いての考え方は,改正した方が酔いとの立場なんですね.どの部分をと言う事を言うなら,第一章の削除がまずあげられます.
他の部分をいろいろといじりたい改憲論者が多いのが漫画を観ている様で可笑しいですが,どちらにせよ,現在の自民党や民主党にまともな憲法改正案を提出出来る筈がないと思っています.

仰る通り,安倍晋三に対する有権者の支持などをみれば,それはとてもお粗末なものであって自分の頭を持ってないもの共の言うkとおでしかありません.
このような反知性主義とも言えぬ恥ずかしい様こそが,「民主主義の誤作動」なのだと思っています.

ただ,民主主義にはその原理それ自体の内には全体主義や軍国主義家を未然に防止するためのツールが含まれている訳ではなく,それを防止するのは専ら有権者の自覚と教養に裏打ちされた知性でありましょう.

Sorry, comments are closed.