一般的に「くらしの法律家」としていろんな法律トラブルでサポートの役割を担う司法書士の試験を受ける上で、学歴につきましては必要有りません。

つまり誰でもトライ可能でありますから、通信教育の講座内でも性別・年齢関係なく関心が向けられている国家資格であります。
現に学費が最低30万円を越す、または合計50万円以上する司法書士試験向けの通信講座も珍しいことではございません。それについては契約期間も、1年程度〜の長期にわたる受講計画とされているのがよくあるものです。

原則的に科目合格制というシステムなので、税理士試験については多忙な社会人受験者も受験に挑みやすいけれども、反対に受験勉強生活が長期になる傾向が見られます。ですので、多くの先達の勉強法の内容を参考にするとよいのではないかと思います。
高い網羅性を誇っているテキスト書においても記されていないより深い知識が要求される問題に関しては、即座にとばしましょう。潔いのも高難易度の税理士試験に合格するには必要なアクションなんです。

合格率の数値が僅か3%の狭き門とされる司法書士試験で合格を実現するには、オール独学での試験勉強のみでは手強い場合がよくあり、専門スクールに通うかあるいは通信教育を受け受験勉強をするというのが一般的な対策となっています。

No comment

You must be logged in to post a comment.