実際に合格者の合格率が毎年7%位と聞くと、行政書士の国家試験は相当難易度が高そうに思えますが、評価基準に基づき総体的に60%を超える問題にクリアすることができたら、合格を獲得することは確実であります。

完全に独学にて学習するほど十分な自信は持っておりませんが、自分のテンポで学ぶようにしたいという人の場合は、強いて言いますと司法書士資格の通信講座(通信教育)の方が適切な勉強法といえます。

実際に大勢の人たちはよく知られた会社だし絶対バッチリとした、安易で不得要領な理由で通信教育(通信講座)をチョイスしがちでしょう。されど、そのようなことで絶対に行政書士に合格はできないといえるでしょう。

ずっと前より、法令知識皆無のレベルから始めて、司法書士試験合格に必須の合計の勉強時間はおおよそ「3000時間くらい」といった統計がございます。実際的に一発合格者達の試験勉強にかける時間はズレが無く3000時間ほどと言われています。

それぞれの科目毎の合格率を見ると、大概10%強というように、いずれの科目ともに難易度が高いとされる税理士試験は、社会人も受験しやす科目合格制度ですから、日中も働きながら合格を現実にすることが可能な資格といえるでしょう。

No comment

You must be logged in to post a comment.