総理の仰る「『何かに挑戦するリスク』を恐れるより『何もしないリスク』を恐れなければならない」は、全くその通りであると思います。

然しだからこそ、「日本再生」ではなく、「日本新生」を掲げて行くべきです。 今後の経済政策、エネルギー方針、税制、等々、何れも「震災前の姿に戻す」ということではなく、今こそ、全く新しい発想、新しい価値観を構築し、世界の変革の波を乗り越えていかなくてはなりません。 それこそが、これからの大きな変革の時代に対処する唯一の方法であると思います。
確かに仰るように「成長信仰」はもう今までと同じ意味または目的では存続し得ないということでしょうか。つまり、現状の成長は経済成長のことであり、全て は「経済=お金」の成長であるのに、現状「通貨」「金融」「財政」など全てのお金に関するシステムが崩壊しつつあるからではないでしょうか。
つまり、お金に根ざさない成長はこれからも有り得ますし、お金は何かしらの形で必要としても、全てmore, more, more」の成長は有り得ないと。その部分こそにコージさんの仰る「新生」の中の成長という形が隠されているのかもしれないと思います。

Sorry, comments are closed.