加齢に伴う難聴においては段階を経て聴力が落ちていきますが、多くの人は還暦を超えないと耳の衰えをきちんと把握できません。
パソコンモニターの細かなちらつきを低減するレンズの付いた眼鏡がすごく人気を博している理由は、疲れ目の低減にたくさんの人が興味を抱いているからではないでしょうか。
不整脈である期外収縮の場合、健康でも出現することがあるため急を要する疾病ではないと考えられていますが、発作が数回に渡って繰り返して起きる場合は危険だといえるでしょう。
「肝機能の悪化」は、血液検査のGOTやGPT、γ-GTP(ガンマGTP)などの値によってモニターできますが、特にここ2、3年肝臓の機能が悪化している現代人の数が徐々に増加しているということが判明しています。
脂漏性皮膚炎という病は皮脂分泌の異常が要因でもたらされる発疹で、皮脂の分泌が異常をきたす要因として男性ホルモンと女性ホルモンのバランスの崩れやビタミンB群の枯渇などが大きいと言われているのです。
H17年から新たに特定保健用食品の容器には「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」という注意を促すキャッチコピーのプリントが食品メーカーの義務となっている。
「沈黙の臓器」とも呼ばれる肝臓に中性脂肪(中性脂質)やコレステロールが多く溜まった脂肪肝(しぼうかん、fatty liver)は、脳梗塞などの色々な健康障害の因子となる可能性があることをご存知でしょうか。
基礎代謝(きそたいしゃ)は人間が何もしていなくても燃焼する熱量のことで、大半を様々な骨格筋・一番大きな臓器である肝臓・多量の糖質を消費する脳が消費しているのです。
「体脂肪率(percent of body fat )」というのは、身体のなかの脂肪の占有するパーセンテージであり、「体脂肪率(body fat percentage)=体脂肪の量(somatic fat volume)÷体重(body weight、キロ)×100」という計算式で算出されます。
メタボリックであるとは言われなくても、内臓脂肪が多く溜まる型の体重過多を持つ事で、あらゆる生活習慣病を発症する可能性が高まります。
クシャミ、鼻水、鼻づまりや目の掻痒感・異物が入っているような感覚などの花粉症の嫌な症状は、アレルギーの原因物質となる花粉の飛散している量に追従するように深刻化する特性があるということが明らかになっています。
目と目を合わせることなどで、患者さんがセラピードッグのことをすごく愛おしいと思うことによって「愛情のホルモン」とも言われているオキトキシンが分泌された結果、ストレス緩和や癒しに繋がっているのです。
脂溶性のV.D.は、Caの吸収を助長するという事が知られており、血液中のカルシウム濃度を微調整し、筋肉の働きを操ったり、骨を作ったりします。
ストレスが溜まっていく経過や手軽で有用なストレスケア方法など、ストレスについて全体的な知識を学ぼうとする人は、今のところ少ないようです。
胃食道逆流症(GERD)の一つである逆流性食道炎は、食生活が欧米化したことに加えて喫煙・アルコールの習慣・隠れ肥満等の生活習慣の質の低下、ストレス等により、殊に日本人に増加しつつある疾患なのです。

Sorry, comments are closed.