実数が余剰だから、女性1人あたりにかけることが出来るコストが、公的なものも私的(親や男性から)のものも少なくなるのに、情報としては女性需要大(女性不足)

だから女性にもっと補助や投資をしないといけないと煽るので、公的にも私的にもその負担に耐えられない。つまり人口余剰でマッチングする対象が居ない女性は、自分で自分の口を養わないといけないので、生涯独身でフルタイムで定年まで働かないといけない。不倫調査 仙台実数としての女性余りは半島マターなので、公には誰も口にしないが、避けられない現実。
日本の若年層においては男より女の人口の方が多いのだから、男が肉食化しても、一夫一妻制であるならば、女が必ず余る。お見合い結婚がうまくいったという話はよく聞きますね。
釣り合いの取れる相手を客観的に選んで推めてもらい今後の人生を協力しながら乗り越えるというのもひとつかと思います。恋愛結婚は、やたらと恋愛とセックスに積極的な欧米のスタイルで、リスク回避傾向が強い日本人には向かない気がします。

Sorry, comments are closed.