普通は水虫といえば足を思い浮かべ、ことさら足の裏や指の間にできやすい皮膚病だと思われていますが、白癬菌がうつるのは足だけではないので、体中どこにでもうつってしまうという危険性があるのです。
チェルノブイリ原子力発電所事故に関する長期間に及ぶ追跡調査のデータによると、体の大きな大人よりも体の小さい子供のほうが漏れてしまった放射能の害をより受容しやすくなっていることがわかっているのです。
学校や幼稚園等集団行動をする際に、花粉症の為に他の皆と同様に思いきり運動できないのは、患者にとってもさみしいことです。
植物に存在する化学物質、フィトケミカルの部類に入るスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリーに含まれている揮発性の有機硫黄化合物について、肝臓から分泌される解毒酵素の順調な発生を支えているかもしれないという事実が明らかになってきました。
いんきんたむし(陰金田虫)という病気は20〜30代の比較的若い男性に多く確認されており、基本的には股間部だけに広がり、走ったり、風呂に入った後など全身が温まると強烈なかゆみを起こします。
エイズ(AIDS)はヒト免疫不全ウイルス(human immunodeficiency virus)の感染が原因となって罹患するウイルス感染症の病名であり、免疫不全へと至り些細な真菌などによる日和見感染やがんなどを複数発症する病状を指し示しています。
常識で考えると骨折しない位のごく僅かな力でも、骨の同一のポイントに幾度も繰り返し継続的にかかってしまうことによって、骨折へとつながることがあるので気を付けなければいけません。
細菌やウィルスなど病気を引き起こす病原体(病原微生物)が呼吸とともに肺の中へ入り込み感染してしまい、片方もしくは左右両方の肺が炎症反応を露呈している状況を「肺炎」と称しているのです。
緊張型頭痛というのは肩凝りや首筋の凝りが要因の最も多いタイプの頭痛で、「頭をギューっと締め付けられるような強烈な痛さ」「ズドーンと重苦しいような酷い痛み」と表現される症状が特徴です。
日本における結核への対策は、長年、昭和26年に制定された「結核予防法」に従う形で推奨されてきましたが、平成19年からはこれ以外の感染症と一緒に「感染症予防法」という名前の法律に沿って実行されることに決まったのです。
食事中は、食べたい物をなんとなく口に入れて数回咀嚼して後は飲み込むだけだが、その後も体は実によく機能し食物を人体に取り込むよう努力している。
体を維持するのに必要なエネルギー源としてすぐに使われる糖、細胞の新陳代謝に必要となる蛋白質など、過度のダイエットではこれらのように様々な活動を維持するために外すことができない要素までも乏しい状態にする。
ジェネリック医薬品(generic drug)というものは新薬の特許が切れてしまった後に売られ、同一の成分で経済的負担を下げられる(薬の価格の安価な)後発医薬品のことで、近年浸透しつつあります。
細菌の感染によって起こる急性中耳炎は、一番多い中耳炎で比較的子供に発症しやすい病気です。耐え難い耳の痛みや38℃台の発熱、鼓膜のひどい腫れや炎症、耳漏(耳垂れ)など多岐に渡る症状がみられます。
乳幼児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、長年使用されてきた生ワクチンにかわる新しい手段として、2012年9月から予防接種法で接種が推奨されている定期接種となるため、病院などで接種してもらうスケジュール管理の必要な個別接種に変更されました。

Sorry, comments are closed.