今までと同じような働き方・学び方と企業規模に応じた雇用・所得の保障によって、
数十年単位の中流階層に準じられる生活水準が保証されるという

近 代国家内部の経済・雇用の基本ルールが大きく刷新される波、それがグローバリゼーションとネオリベラリズムであり、アメリカや日本、英国が牽引する国際経 済環境での『グローバル・ガバナンス(新たな金融・市場・労働力の統治)の恩恵』に預かられる自国民はごくごく一握りの特権的な人たちである。
企業活動が国民国家の枠組みを超えていくグローバリゼーション、市場原理の需給と資本蓄積の効果によって効率的配分を行おうとするネオリベラリズ ムは、ハルシオン 副作用確かに資本と労働力のパフォーマンスをマクロな数値として最大化していき、グローバル市場でモノやサービスを売れる大企業は『史上最高益』をたたき 出して株価も上がるだろう。
だが、今までとは異なる経済活動のルールと資源配分(給与配分)の比率が適用されるため、新たなグローバル・ルールに適応できない先進国の大多数の人たちの給与・生活・保障の水準は下がっていき、同じ国家で生活する人たちの格差は更に大きくなる。

Sorry, comments are closed.