最近、価値観がひっくり返った事があります

それは、コンビニやスーパーなどで売っている
「コーヒーフレッシュ」のこと。

あれは、何で出来ているかご存知でしょうか?
僕は、てっきり、牛乳を加工したものだと思っていました!

でも、あれって・・・
水と植物油と食品添加物で、あれを生み出しているそうなのです。。。

牛乳など、ひとつも使っていないという・・
その証拠に、名前に「ミルク」「牛乳」と書けないって…
どうりでミルクと表示しない訳だ…

あの、色・・とろみ・・味・・すべてが人工的・・・

技術が凄いと言うか、口に入れてはいけないような…

ビックリしました・・(常識ですか?)

普通に考えれば、メーカーの方も、あれは、水と油と・・・
と宣伝するハズがありません・・・
明らかに知っててやっているぞ…

その事を気づかせてくださった人。
その人の意見を信じるという事が根底にあって、
ああ。あれはミルクじゃなかったんだと。
ハッと思った形ですが。

うーん。面白い。
僕は、その暴露をした人の話を信じたからこそ、ハッと思った仕組みを考えると

その時代では、覆らないだろう定説で説明してる…

みんなを、はは~ と平伏させてしまう常識(確かな説)が
あるのだから、面白いですね。

Sorry, comments are closed.